格安航空券で広州へ行ってみよう

img_7138_s

中国に行ってみたいと思ってもなかなか機会がない人も多いことでしょう。「近い場所はいつでも行ける」と思っているとなかなか機会がないものです。そこでおすすめしたいのが格安航空券の活用です。格安航空券はその時期で安いものが出ていることがあります。

シーズンなども関係がありますが特に安いチケットが出ているときはそれこそチャンスです。
航空券の国内の最安値はスカイチケットが販売しています。
国内海外問わずに多くの航空券サイトを見て自分なりに検討してみるのが良いでしょう。

例えば広州についても安いチケットが出ていることがあります。広州は食事もおいしいですし、1度行ってみたいという人も多いことでしょう。格安航空券についてもマメにチェックしてみるといいでしょう。
広州の観光は多数ありますが、まずこれはやっておきたいのが「珠江ナイトクルーズ」です。広州は夜のライトアップがとても綺麗な場所でもあります。クルーズから見る景色はまた一味違います。中華人民共和国南部には珠江(しゅこう)という川があります。この川は香港とマカオも経由しているのです。この川は最終的に南シナ海につながっています。ここから南シナ海へ行くのかと思うと不思議な気分になります。

広州は街全体がライトアップされており、絶景を見渡すことができます。絶景スポットとしてデートもおすすめです。
飛行機も可能であれば夕方までには到着する便を選ぶといいでしょう。夕焼けを見つつ、夜景も楽しみたいところです。
沙面島にも行ってみましょう。ひらがなだと「めんさとう」と書きます。ここは島全体を見渡すことができるスポットです。建物は西洋風であり、町並みはとても綺麗です。

沙面島は広州1と言われる要衝です。アヘン戦争後にフランスとイギリスに占領されています。アヘン戦争は歴史で習ったという人も多いことでしょう。ここにもそうした文化が残されているのです。
島については治安も環境も整っています。観光客が安心して観光できるようになっており、子連れでも問題ないスポットです。島には交通規制がしかれています。車についても考慮されており、歩いていても問題ありません。

またここはおしゃれなレストランやカフェが多数あります。この空間は中国ではない気分になることでしょう。
疲れたらカフェで休みつつ、ここの散策は欠かせません。地図についても準備しておくといいでしょう。
中国は漢字表記が多く、またわからないことも漢字を書いて聞けば通じることも多いです。日本との関わりが深い国であることも感じられます。まだ中国に行ったことがない方はまずは広州から行ってみてはどうでしょうか。

広州は見所満載

格安航空券を探していたら広州が安かったという場合もあることでしょう。広州についてはおすすめの観光地です。まだ行ったことがない方はこの機会に行ってみてはどうでしょうか?
広州行きですが直行便と経由便があります。時間があるのであれば経由便でも問題ないかと思います。経由便については中国東方航空もおすすめです。中国東方航空はサービスも改善されており、快適な旅が実現できます

ぼろぼろの機体だったなんて話は昔の話で今はそれなりの機体で運行していますし、またマイレージをためることもできます。
広州については見所も多く大人から子供まで満喫できるエリアが多数あります。例えば動物が好きなら「香江野生動物世界」(広州動物園)がおすすめです。ここはできれば1日ゆっくり観光したいスポットです。

広州動物園は中国3大動物園の1つであり、多くの動物を見ることができます。ここの動物たちは三大動物の1つであり、多くの動物に遭遇できます。敷地がとにかく広大でその中で動物たちは悠々と生活しています。
また3つ子のパンダもいます。これが人気で日本人観光客も多いようです。

ここの動物園は車で観察するエリアと歩いて観察するエリアに分かれているので、自分の好みのほうを選ぶといいでしょう。
ここと日本の違いは日本よりも近くで動物を観察できるという点です。近距離で動物たちを見るチャンスです。ただし事故も考えられます。動物があくまで動物です。その点を頭に入れて気をつけることが大事です。

広州は日本より暑い日もあります。水分補給は意識的にすることが大事です。距離もかなりあるので靴もお忘れなく。
広州タワーについても訪れたいスポットです。広州タワーは何といっても建物に圧倒されることでしょう!ここの建物は広州塔と呼ばれています。珠江南岸付近ある塔です。高さは600mほどとなっています。

工事は2009年に行われました。2010年9月から一般公開がはじまっています。広州のシンボルとして君臨しており、ここは欠かせないスポットの1つです。
アクセスがいいのもポイントです。そのため連日観光客が多く押し押せています。
広州はグルメの町でもあります。汶記美食店の「五花肉蒸飯(ウーホアロウジョンファン)」についてもぜひ食べてほしいメニューです。ここの豚肉は甘辛いしょうゆでじっくり煮込んでいます。それをご飯にのせたものです。お米は日本のお米と異なりパラパラしたものが使われています。軽めのインディカ米があっさりと食べられ、とてもいい食感です。

中国の広州は食も絶品!

広州に行く計画を立てている人もいることでしょう。もし格安航空券が出ていたらそれこそチャンスです。この機会にぜひ行ってみましょう。実は観光にあまり興味がなく、ひたすら食べたいといった人もいることと思います。そうした人こと広州は最高の町です。中国各地には日本人も納得の美味しい料理が多数あります。この機会に食べてみてはどうでしょうか?ひとまず広州行きの格安航空券を押さえておきましょう。

広州の名物と言えば「蒸飯」と「荷葉蒸籠飯」です。こちらの2品はぜひ食べてほしいメニューの1つです。広州でも非常にポピュラーな料理となっています。「汶記美食店」というお店はタクシーの運転手も通いつめるほどの美味しさです。茘湾区龍津西路20号にあるのでぜひ行ってみてください。
また麺についても堪能したいところです。広州の人に人気の老舗と言えば「堅記麺家」です。「堅記麺家」は茘湾区長寿東路303号にあります。
広州では伊府麺がメジャーとなっており、フライド麺が主流です。しかしここの麺は細めんもおすすめです。豚の腸に甘い煮汁かけた汁となっています。これも病みつきになること間違いなしです。

広東省では卵入りの極細麺も多く普及しています。日本のラーメンのような面です。またフライド麺についても美味しいので1度食べてみるといいでしょう。茘湾区長寿東路303号方面であれば「堅記」がおすすめです。ここの伊府麺が絶品だと評判です。広州の人は甘いしょうゆ煮込みを麺にのせて食べるのが好きです。お店にいると次々地元の人が押し寄せてきます。

「銀記」にも足を運びたいところです。ここではお粥もおすすめとなっています。わざわざ香港の有名人もここを訪れるくらいおいしいのだとか。銀記は茘湾区文昌北路345-1号にあります。腸粉についても人気のメニューです。腸粉はお米をベースに作った春巻きとなっています。つるつるした食感はあっさり食べることができ病み付きになります。えびについてもサクサク感がたまりません。これはまた食べたくなる気持ちがよくわかります。

「三潤麺家」についても有名ですが、ここはまだオープンしてそんなにたっていません。オープンは2009年のことです。ここのお店はオープンしてまもなく大人気店へとなります。近くに老舗がありますが、それに負けないくらい人が入っています。ここでぜひ食べたいのがえびワンタンメンです。えびのプリプリ感がなんともたまりません!
このように広州は見所が多数あります。もちろん食べ物だけではなく、観光スポットも豊富です。。

広州で楽しい旅を

中国に興味があるもののなかなか行く機会がないといった人もいることでしょう。中国はツアーなども多く、日本にとって近い国でもありましたが近年さまざまな騒動もあり、中国旅行を控えていたという人も少なくありません。状況についてもだいぶ改善されてきたのでそろそろ中国に行っても良いのではないでしょうか。
環境問題が心配といった人は広州あたりに行ってみるといいでしょう。広州は環境面でも比較的整っています。また日本からの直行便もあります。

広州行きについては格安航空券が出ていることもあるので、そちらも調べてみましょう。格安航空券は乗り継ぎ便のほうが出やすいです。中国系の航空会社が多いと思いますが、ついでにその都市の観光をすることも可能です。実は乗り継ぎのチケットはとてもお得なチケットでもあります。
広州についたらまずはおいしいものを食べたいといった人もいることでしょう。機内食もぐっとこらえて我慢していたという人もいるかもしれません。そうした人に

真っ先に行ってほしいのが地元の人からも大人気のビーフンのお店「牛丸粉(ニュウワンフェン)」です。ここのお店は看板がないので探すときに注意が必要です。場所は逢源路72号となります。牛丸粉はシコシコした食感がたまりません。牛肉だんごをおいしく食べることができます。魚の皮は香ばしくあげたもので味も絶品です。
また「凌記」もおすすめです。ここは飲茶を楽しむことができます。凌記は茘湾区龍津西路にあります。仁威廟の向かいになっているのでそちらを目印に出向くといいでしょう。瀬粉はいつもにぎわっています。ちょっとピリ辛のトッピングを載せて食べるのがまた良いです。瀬粉の味もおすすめです。

瀬粉の味とは広東省の伝統的な食べ物で朝ご飯に食べる人が多いです。ピリ辛の漬物が癖になります。ただし最近は食べる人が少なくなってきているそうです。日本同様食べ物も多様化しているようです。

凌記では「三醤腸粉(サンジャンチャンフェン)」についてもおすすめです。これもぜひセットで楽しんでほしいメニューです。名物料理であり瀬粉と一緒にオーダーするのが通です。
蒸し春巻きは極太で食べ応えが抜群となっています。しょうゆや胡麻などをあわせたタレがまたたまらない美味しさを実現してくれます。広州でぜひチャレンジしてほしいのがB級グルメです。B級グルメこそ絶品料理が多数あります。こんなおいしいものが低価格で食べられるなんて!と驚く人が多いのもうなずける話です。

広州は1度は行ってみたいところ

中国はとにかく広く1度や2度では観光が足りないと感じる人も多いことでしょう。時間があればじっくり中国をまわるのもおすすめです。中国入りですが格安航空券が出ていることも多いのでぜひチェックしてみるといいでしょう。格安航空券を見てみると主要都市行きのものが多く出ています。北京や上海、香港、広州などいろんな場所があります。北京等に行ってことがある方は、広州にしてみてはどうでしょうか?広州についても見所が多数あります。

広州と言えばグルメも欠かせない町であり、食べつくしたいB級グルメも豊富です。広州は高級店ではなく地元の人でにぎわっているお店に行くことをおすすめします。「安くてうまい!」この一言に尽きます。
「達楊原味炖品」も地元の人から大人気のお店です。達楊原味炖品は越秀区文明路160号にあります。ここは広州の人なら知らない人はいないと言われるほどの名店です。ここの名物は薬膳スープです。じっくりと蒸したスープは胃にしみわたるおいしさとなっています。一口飲んだだけでも味が違ってきます。クコの実やたけのこ、地鶏などが絶妙にまじっていて高級レストランに負けない美味しさです。こんな味のスープがあるなんて!と驚く人も多いのだとか。

「枸杞炖土鶏(ゴウジードゥントゥージー)」についてもぜひオーダーしたいメニューです。
「其味潮州魚旦粉」についてもぜひ行ってみましょう。ここのお店は越秀路中山六路83号にあります。越秀路中山六路83号に位置するお店ですが、広州には何件もチェーン店もあります。近くにあればチェーン店にも立ち寄ってみるといいでしょう。
「招牌魚旦麺(チャオバイユイタンミェン)」はぜひ食べてほしいメニューです。このメニューは白身魚や白身入りの餃子が入っています。こんなにたくさんの具が入っているなんて!と驚く人も多いことでしょう。

中国では安くておいしいお店がたくさんあります。その中でも広州は食の街と言われるほど美味しいお店が点在しています。
胃袋がいくつあっても足りない、胃袋がもっともっとほしい!という声が聞こえてきそうな店舗が多数あります。B級グルメについては奥深いものがあります。
「老字号美食街」については観光がてら立ち寄ってみるといいでしょう。ここは騎楼建築となっています。庶民の美食の場としても有名な美食街にあります。その中でもひときわ人気を誇っているのが「老字号美食街」です。

ここはもともと交易で富を築きあげた権商人の子孫によって建築されたものです。豪邸を建築した一体が「西関大屋」と呼ばれています。